スポンサーリンク

美人歌手 あべ静江 何故か結婚できない 何度も破談に!名前で占う

美人歌手 あべ静江の現在とは!衝撃的なデビューを飾ったあべさん、あれからもう46年、大ヒットした名曲「コーヒーショップで」「みずいろの手紙」気品のある清楚な美しさに啞然としました。今回は姓名判断で何度か失敗した結婚について迫ります。

スポンサーリンク
スポンサー広告







あべ静江のプロフィール

本名:阿部静江(あべしずえ)

生年:1951年11月28日(67歳)

出身:三重県松坂市

学歴:東海学園女子短期大学

職業:歌手、女優

結婚歴:なし独身


あべ静江の経歴

三重県松坂市生まれの静江さん、音楽一家に生まれました父は東海ラジオ三重の専属ミュージシャン。バイオリン、ピアノ、ギター、アコーディオンなどを演奏出来た。母親は東海ラジオの専属歌手で音楽の才能があり、自分の番組をもっていたそうです。

今から67年前に音楽一家とは大変珍しいです。

静江は子供の頃から慰問に行って歌っていたそうです。また子役でテレビドラマに出ることも。でも、両親は静枝を歌手にしようとは思わなかったようで、歌を指導されたことはありません。ただ、父のバンドのメンバーの前で鼻歌を歌うと「そこは違う」とうるさかった。

転機は短期大学卒業と同時でした。DJとしてラジオ番組を二つ持たせてもらえることになりました。(おそらく両親のコネがあったのでしょう)

番組で歌ったら注目され、レコード会社などから声がかかりました。一度は断ったのですが、(なんでやろ?)父のバンドのメンバーで子供のころから良く知っている方に、お願いされて断れなかった。(断る理由なんかないでしょう)

あべ静江の凄いところですね、レコードデビューを一度は断るとは!

“父の知り合いの方“名前は分かりませんが、ここでお礼を申し上げたいです。おかげ様であべ静江という歌手が誕生したのですから!

デビュー曲「コーヒーショップで」とその後の「みずいろの手紙」が大ヒット、あっと言う間に一流アイドル歌手になりました。


あべ静江の結婚

美人歌手のあべ静江さん、意外にも一度も結婚の経験なしのバリバリの独身でした

これだけの美人が独身とは?世の中不思議なことが多いですね。

あべさんが語っておりますが、過去にお付き合いした男性は二人いたそうです。

一人はデビュー前に知りあった学生さん。ところがデビューして直ぐにアイドル歌手になり、寝る間もないほど忙しくて会うこともままならない。仕方なく自分から別れを伝えたそうです。身を切るほどつらかったそうです。当時はアイドルの恋愛はタブーでした。

現在のアイドルが自由に恋愛している事を“うらやましい”と語っています。

もう一人の男性はミュージシャンのギタリスト

交際会見”を開いたら『彼と婚約している』『交際している』という女性が次々と3人も現れて…。あげくに彼の全裸写真が写真週刊誌に掲載されて、前代未聞の大騒ぎになりました。

そのあと4股かけた彼氏は連絡がとれなくなりましたが、時間がたってから再開したそうです。しかし彼は生活が落ち込んでいて別人のようになっていた、あべは可哀そうになり、しばらくは付き合っていたそうですが、彼の本質が分かって別れたそうです。

どうして美人歌手のあべ静江は男運がないんでしょうね?これだけの美しい女性なら

玉の輿でも何でも乗れるはず!わかりませんね!そこで姓名判断で占ってみました。


あべ 静江の姓名判断

あ   べ   静   江

3画  3画   14画   6画

天格6画

人格17画

地格20画

外格9画

総格26画

これだけ美人でも結婚できない!あべ静江、この画数で判断すると、結婚運は最悪です。

名前の20画は分裂、波乱数です。結婚には向かない数字です、また結婚しても別れる数字です。総画数が26画ですので結婚まえに分かれると判断します。26画は波瀾万丈 衝突 不安定の数字です。名前では結婚運はなさそうです。でもファンには独身のほうが嬉しいですね!


まとめ

管理人:時事ネタ次郎

デビュー時の気品のある清楚な美しさに管理人は虜になりました。67歳の現在でもその面影は残っております。デビュー以来ファンに夢を与えてくれました。

現在も元気に活躍しております。自分が生まれた三重県や松坂市が大好きだそうです。「みえの国観光大使」や「松阪市ブランド大使」を務めて地元に貢献しています。

80歳過ぎても現役の女優さんのように、これからも元気で活躍期待しております。

あべ静江と麻丘めぐみ 南沙織 浅田美代子 元アイドル同志で新年会

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする