スポンサーリンク

病気治療中の俳優 渡哲也の現在 闘病支える嫁 息子は!石原軍団は!

病気治療中の大物俳優の渡哲也の現在がヤバいそうです俳優も休業状態です。病院とは無縁のように見えますが、実際は闘病生活しながらの俳優稼業でした。石原軍団は男のプロダクションなので病気は伏せて置きたいはず。また療養を支える家族、嫁や息子の現状など

調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサー広告







渡哲也 プロフィール

本名:渡瀬 道彦(わたせ みちひこ)

生年:1941年12月28日(76歳)

出生地:島根県能義群安来町

出身地:兵庫県淡路島

学歴:青山学院大学経済学部

在学中は空手部に所属、空手二段、柔道初段

1964年に日活入社

1971年石原プロ入社

2005年:紫綬褒章(しじゅほうしょう)

渡哲也の経歴 病歴

大学時代(青山学院大学経済学部卒)空手部に所属、身長も180センチあり、当然ながら体は頑健ですが、何故か病気に弱い。

1974年(昭和49年)大河ドラマ主役に抜擢、出演中に病気(肋膜炎)になり、ドラマ降板。

その後、風邪をこじらせ急性肝機能不全症を併発したため入院9か月に及んだ。

1975年東映に出演予定であったが再び病気になり、点滴を打ちながら撮影した映画がある。

「仁義の墓場」である。

1989年 石原プロ制作作品中に左足に捻挫を起こす、しかし撮影続行したため、下肢のふくらはぎが断裂、それが原因で足を引きずる、“跛行”(はこう)になる。

1991年に直腸がんが見つかる。S字結腸と下行結腸にポリープが発見され手術した。しかし病巣が深かったため、直腸を25センチ切る大手術をおこなった。

してオストメイト(人口肛門使用者)となりました。

2015年、自宅で突然苦しんだ渡、吐き気と発熱があり、すぐに病院に運んだそうです急性心筋梗塞で入院、手術を受けていた。今年の2月大杉連さんが急性心筋梗塞で亡くなっています。渡哲也もこの時奥様の判断が遅れていたら、どうなっていたか。最悪亡くなっていたかも。奥様の俊子さん病院に泊まり込んで看病したそうです。

一部の俳優さんは離婚や浮気の記事がよく報道されます。渡さんに限ってはそういう報道は無いですね。日頃から俳優渡哲也を支える、良妻賢母の奥様だったようです。

現在はリハビリ中とのことですが、心筋梗塞の場合は麻痺などありませんので、巷で言われている、“渡哲也闘病でリハビリ中”はどうも不自然です。もしリハビリ中なら他の病気併発か?でもおかしい!毎年年末になると恒例の松竹梅のCMの収録は無事終わっているとの事です。西城秀樹がリハビリをしたイメージとは違いますね。

渡哲也は肺気腫を併発していました。若い頃からタバコを吸っていたのでしょうか?それもヘビースモーカー。もしもヘビースモーカーならすべて納得がいきますね。心筋梗塞

イコールタバコですね。現在はその肺気腫のためにリハビリに励んでいるそうです

納得!!(注:肺気腫はリハビリで良くなる病気ではないです)

渡哲也の嫁

渡哲也の嫁さん、青山学院大学の同級生という話です。一般人なので詳しい事は不明ですが

名前は石川俊子さん、在学中から交際していたそうです。でも渡哲也は映画でデビューしてすぐに吉永小百合と共演、それをきっかけに恋人同士になりました。もし青山学院時代から交際なら渡哲也は二股かけていた事になります。吉永小百合とは両親の猛反対で一緒になれませんでした。(大物スター 渡哲也と吉永小百合 結婚寸前だった!)

結婚式

1971年3月に結婚しました。ハワイで2人だけの結婚式をあげたそうです。渡さん30歳、

俊子さん29歳でした。

息子

渡哲也には一人息子はいます。40代中ごろかと思われます。父の後を追わずサラリーマンだそうです。さぞかしイケメン美男子かと思われます。現在独身で父、渡哲也の近くに住んで父を支えているようです。

石原軍団

昭和の伝説俳優、石原裕次郎が設立した芸能石原プロモーション会社です。一般の芸能プロは男女関係なく採用しますが、石原プロは男だけ採用の芸能プロです。

“渋い男”を売りにしている芸能プロです。メンバーも渡哲也や神田正輝、舘ひろしなど渋い

“男”が看板です。そのため“軍団”と呼んでいます。

宝塚歌劇団で男性役の人気スターだった、天海祐希はこの石原プロを希望しましたが“女”が理由で採用されませんでした。

病気治療の天海祐希 心筋梗塞! 宝塚時代の伝説!石原軍団との関係は!

渡哲也はこの石原の石原プロモーション社長を引き受けていましたが、2011年辞退。

2018年7月の石原裕次郎の32回忌法要も出席出来ませんでした。

まとめ

管理人:時事ネタ次郎

石原裕次郎亡きあと、石原軍団をまとめていた渡哲也。それも病気のために社長を降板しました。昭和の大物映画スターが少しずつ亡くなっています。昭和生まれのファンにとっては

寂しい限りです。どうか今一度、映画で復活してください!東映初主演の主役『仁義の墓場』

で見せた鬼気迫る迫真の演技!もう一度お願いいたします。

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする