「 演歌歌手 」一覧

スポンサーリンク
スポンサー広告







正統派演歌歌手 市川由紀乃 市川昭介門下生 紅白までの苦難の道のりと障害者の兄との思い

正統派演歌歌手 市川由紀乃 市川昭介門下生 紅白までの苦難の道のりと障害者の兄との思い

市川由紀乃 正統派演歌歌手 障害者の兄を持ち苦労して育つ。16歳の時にカラオケ大会で優勝。音楽事務所からスカウトされる。故市川昭介氏の門下になる。93年(17歳)で「おんなの祭り」でデビューした。紅白まで27年、苦難の道のり ‘16年 女性演歌歌手としては13年ぶりの紅白初出場を果たした。

水森かおり ご当地ソングの女王 紅白15回出場支えた 二人の恩人

水森かおり ご当地ソングの女王 紅白15回出場支えた 二人の恩人

演歌歌手 水森かおり ご当地ソングの女王と呼ばれて久しい彼女。昨年も紅白出場を決め、連 続16回出場という記録を更新しております。演歌の世界では確固たる地位を築きました。そ んな彼女にも鳴かず飛ばずの時期がありました。今回は水森を支えた二人の恩人を紹介しま す。

病気治療中 神野美伽 足の甲手術!離婚した夫とは! 若い頃の水着!

病気治療中 神野美伽 足の甲手術!離婚した夫とは! 若い頃の水着!

紅白歌手の神野美伽は15年まえから足、骨の病気治療中だった。今回は「リスフラン関節症」の一種で骨が空洞化する奇病を患い手術した。現在独身の神野は離婚した夫がいた!デビュー当時からスタイルが良くて演歌アイドルとして水着グラビアが有名でした。

森山愛子 歌姫19歳でデビューも芸能界に疲れ果て 一度はやめる決心した。

森山愛子 歌姫19歳でデビューも芸能界に疲れ果て 一度はやめる決心した。

デビューCDのジャケットタイトルも猪木さんが書いてくださったんですよ」  --そうして付いたキャッチフレーズが“闘魂の歌姫”。2004年5月19日に『おんな節』でデビュー。  恩師との出会いは、人気番組だった「ルックルックこんにちは」(日本テレビ系)の視聴者参加企画「女ののど自慢」が縁となった。

”新演歌三姉妹”誕生 平成の三人娘 長女 市川由紀乃、次女 丘みどり、三女 杜このみ 新ユニット名募集中!!

”新演歌三姉妹”誕生 平成の三人娘 長女 市川由紀乃、次女 丘みどり、三女 杜このみ 新ユニット名募集中!!

美人演歌歌手として人気上昇中の三歌手がユニットを結成して 活動するそうです。目指すは「三人娘」美空ひばり、江利チエミ、 雪村いずみ、を目標にするそうです。でも若い方はこの三名 知っているのかな、ひばり、チエミさんはとっくに亡くなっていますし、いづみさんも高齢者でどうなっているのか? しかし「三人娘」は大スターでした。「新演歌三姉妹」も平成の 大スターになってもらいたいですね。

大杉蓮や有賀さつきの陰でひっそりと亡くなった北島三郎次男 大野誠さん

大杉蓮や有賀さつきの陰でひっそりと亡くなった北島三郎次男 大野誠さん

私生活では酒量が多く、肝臓を傷めていたようだった。最近、体調を崩していたが、知人は「医者嫌いで、病院に行こうとしていなかったようだ」と話す。やはり独身は怖いですね。一人だとつい飲みすぎても注意する人がいないので また繰り返す。そして体を壊すのですね。北島三郎の次男なら結婚あいてに不自由しなかったでしょうに、しかもイケメンですし、51歳で亡くなると本当に惜しい。

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告