スポンサーリンク

石原詢子つかの間のひと時 演歌美人4人衆 島津悦子多 岐川舞子 伍代夏子 

石原詢子 島津悦子 多岐川舞子 伍代夏子がそろって乾杯!この演歌美人歌手の名前全員ご存知の方はかなりの演歌通ですね。顔がわかっても名前が一致しないのでは?今回は気になる美人演歌歌手の恋人、旦那について調べてみました。


スポンサーリンク
スポンサー広告







石原詢子

(いしはら じゅんこ、1968年1月12日 生まれ )

今年 御年50歳の節目ですね。

故郷の岐阜県から歌手目指して上京、新聞配達などのアルバイト掛け持ちし

ながらデビューの機会を待つ。1988年念願の演歌歌手デビュー。今年は

デビュー30年になりますか。

詢子さんは詩吟の家元に生まれています。詩吟は12歳で師範となりまし

た。すごいですね。そして最近亡くなった父との約束を果たすため詩吟教室

を開催しました。詢子さん自ら指導してくださるそうです。

さて気になる恋人の存在ですが、嬉しいことに影も形も見当たりません。もちろん独身です。

これは「週刊誌文春」さんにお願いしてスクープしてもらいましょうか?


島津悦子

(しまづ えつこ、1961年12月24日 生まれ)

今年57歳、

鹿児島出身、静岡県でバスガイドとして活動後、1988年に「しのび宿」で

デビュー。27歳の時ですね。バスガイド時代はさぞかし可愛いかったでし

ょうネエ~。歌も上手い名物バスガイドだったのでしょう。

20代のころのエピソード

観光バスで“無銭”キャンペーンをやったそうです。

ドライブインなどで停車している観光バスに交渉し車内キャンペーンを行

う。「観光バスを乗り継いて、全国を回っていったんです。経費はゼロ。レ

コードを売って、それを旅費にあてていく。途中でお金が無くなったり、高

熱を出したり……。でも、最終的に日本1周したんですよ」 そんな下積み

を実は29歳まで経験している。

2002年41歳のときに結婚したという話があります。金沢の人らしいで

す。現在はどうなっているのか詳しくは分りませんでした。

これだけの美人ですから2,3回結婚していてもおかしくないですね。


多岐川舞子

(たきがわ まいこ、 1969年11月24日(48歳) )は、京都府出身の演歌歌手。本名・丸山静美

16歳の時に、NHK『勝ち抜き歌謡天国』奈良大会でチャンピオンになる。

その時、市川昭介の目に留まり、 同年、市川に師事。1989年20歳でデビュー

45歳の誕生日まえのコメント

 「180人のファンを前に9月に発売した新曲「霧の城」や、島倉千代子

さんの「からたち日記」など18曲を熱唱。サックス、ピアノ、ギター演奏

も交えて艶のある美声で魅了した。「ワクワクしながら、いつも新鮮な気持

ちで45歳を過ごしたい。結婚? 縁があれば誠実な人と」と話していた」

48歳の現在、結婚はしてないようです。「縁があれば誠実な人」

がまだ現れないのですか。今後の動向に注目です。(多岐川舞子デビュー秘話)


伍代夏子 

(ごだい なつこ、1961年12月18日 56歳)

出生名 中川輝美、出身 渋谷区

夫は有名な杉良太郎

伍代夏子:オフィシャルブログから引用

デビューは早く1982年7月7日、星ひろみ名で21歳でした、

伍代夏子名は1987年、「戻り川」で再デビューしたとき付けました。芸名の由来は、憧れであった五木ひろしと八代亜紀にあやかって付けたそうです。

そして1990年に紅白初出場、その後22回出場のベテラン演歌歌手になりました。

しかし伍代夏子が一躍有名になったのは杉良太郎と結婚したことですかね。

この時はずいぶんマスコミ報道がありました。1999年37歳の時でした。杉さんは前年の先妻と別れたばかりでしたから当時はかなり話題になりました。


まとめ

演歌美人熟女4人衆 管理人ネタ次郎

独身は石原詢子さんと多岐川舞子さんですかね。二人とも美人さんなので

色々な男性から”ぜひ嫁に”という話はたくさんあるでしょうね。

しかしながらやはり歌が恋人なんですかね。でも全く週刊誌の話題にならな

いのも、記者さんが手持ち無沙汰になりますよ。時々は週刊誌賑わせて売り

上げに貢献してあげてください。よろしく頼みます。

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする