スポンサーリンク

カーリング女子の藤澤五月可愛いと評判 芸能界デビューあるか

皆様ご存知のように、カーリング女子が五輪史上初の銅メダルを獲得しました。日本初の快挙にカーリング女子の人気が急上昇です。平昌五輪、カーリング女子3位決定戦でLS北見の日本(本橋麻里選手、吉田夕梨花選手、鈴木夕湖選手、藤沢五月選手、吉田知那美選手)は、英国(イギリス)と対戦し、男女通じ、オリンピック初のメダルを獲得しました。試合中は、「そだねー」や「もぐもぐタイム」なども話題になりました。


スポンサーリンク
スポンサー広告







カーリング女子のメンバー

5名いますので、まずは一番人気の藤澤五月さん藤澤 五月(ふじさわ さつき、1991年(平成3年)5月24日生まれ)北海道北見市出身。ロコ・ソラーレ所属。愛称は、「さっちゃん」。同じチームの鈴木夕湖は、父親が従兄弟同士のはとこにあたる。

藤澤五月は幼少期 子供時代から天性の才能があった。

 藤澤がカーリングを始めたのは5歳のとき。、父にカーリングリンクに連れていってもらったのがきっかけだった。父親もカーリング選手だった。重さ約20kgの大人用ストーンを操れる天性の技術を既に持っていた。2007年、北見北斗高等学校に進学。スキップを務めて、高校1年生、2年生で数々の大会で優勝を果たしている。この時すでに「天才」と言われていた。

可愛いだけではなかった、藤澤五月

 

平昌オリンピックでは盛んに”可愛い”と評判だった、藤澤ですが実力も半端ではなかったようです。高校卒業後、中部電力に入社、同社に結成されたカーリング部の創設メンバーとなり、順調に活躍します。しかし

初めて挫折をあじわう

 

ソチオリンピック出場をかけた2013年9月の世界最終予選日本代表決定戦で、「追われる立場。負けられないプレッシャー」に屈する形で、小笠原歩率いる北海道銀行フォルティウスに敗れて出場を逃がした。


運命の本橋麻里との出会い

本橋麻里(ロコ・ソラーレの創設者)と会食の機会を持った。その席で、「さっちゃんも入らない? 私たちは、もう次に進んでいるよ」という本橋の言葉に心を動かされて、ロコ・ソラーレへの移籍(入団)を決心した。(平昌オリンピックではLS北見)そして平昌オリンピック代表へ

藤澤五月平昌オリンピックで人気爆発!

以下は報道された藤澤五月の最近記事です。

3月6日、平昌五輪での活躍で注目を集めるカーリング女子の藤澤五月

を東スポが伝えた

出版業界では、写真集出版に向けてプロデューサー陣が動き出しているという藤澤の人気は韓国でも高く、韓国語版が登場する可能性もあるとのこと3月2日、平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)カーリングで日本勢初の銅メダルを獲得したLS北見のスキップ藤沢五月(26)の勤務先である保険代理店コンサルトジャパン(北海道北見市)に、保険加入の問い合わせが増えている。同社の近藤征伸常務取締役は「北海道外から10件ほど申し込みがありました」と思わぬ反響を明かした。

2月28日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に出演。番組では“銅メダル効果”として、芸能事務所がカー娘のマネジメント契約の争奪戦を展開しそうと伝えるサンケスポーツ報道を紹介。「あの愛らしいルックスと逆境に負けない笑顔は、世の中を明るくする」と注目していることや、CMオファーを検討している関係者の発言が代読されると、エースの藤沢五月(26)ら5人は照れ笑いした。

また、韓国メディアが各国の美女選手10人を紹介する記事で1番手に取り上げられた藤沢五月は驚きの表情。プロポーズされたか問われると、「そこまではなかった」とはにかんだ。


カーリング女子藤澤五月のまとめ

人気爆発の藤澤五月、これも幼少期からコツコツ努力してきた結果だと改めて思いました。この人気で芸能事務所からタレントとしてデビューするかもわかりません。写真集もヒット間違いないでしょうね。藤澤五月の今後の動向に注目です。

関連記事

カーリング女子銅メダル!そだね!「もぐもぐ」とオヤジ達に染まった日本列島。

カーリング女子日本のおやつタイムが「かわいすぎ」試合途中の映像に釘付けになる人続出

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする