スポンサーリンク

神崎愛の現在 美人フルート奏者 モデルで女優 未だに人気の八つ墓村

神崎愛 女優でありながらフルート奏者。そして東京芸術大学出身の才媛仲代達矢の無名塾も出ている。ここも超難関「劇団の東大」

と言われている。しかも絶世の美女。芸名の通り神から愛された人のようです。これだけの才能あふれる女性はめったにおりません。

今回は神崎の魅力の一部を伝えます。

スポンサーリンク
スポンサー広告







神崎愛プロフィール

本名:宮本 敦子(旧姓:神崎)

生年:1952年5月30日(66歳)

出身:東京都大田区

ジャンル:女優、フルート奏者、ソプラノ歌手、

身長162センチ、体重48㎏、

神崎愛とフルート

音楽は幼少の頃から始めておりました。フルートは中学から始めてそのまま音楽の道に進みました。東京芸術大学音楽学部に進学した、音楽に関しては超エリートでございます。

66歳の現在、女優業は休止状態でフルート奏者として活躍しております。

最近の活動:やはり幼少より携わってきたフルート奏者の活動が体に馴染んでいるのか?

ユニークなコンサートを開催していました。古代の女王、「卑弥呼」をテーマのしたコンサート舞台です。場所も銀座でしかも、観世能楽堂で開いた。(銀座にあるのか?)

神崎さんは「邪馬台国の女王、卑弥呼を自分なりに歌や音楽で表現したい」と抱負を語っていた。

舞台では、ビゼーの曲に自ら詞をつけた「吉野ケ里の誓い」などを歌う。「春の海」(宮城道雄作曲)など国内外の曲をフルートで演奏し古代の時代を表現する。

フルートの音色と古代のイメージがピタリとマッチするようです。今後の活動楽しみです。


神崎愛と仲代達矢

音楽の道を歩んでいた、神崎愛が仲代達矢との出会いから女優の道に進みました。

大学時代と言いますから21,2歳の頃かと思われます。劇団の東大「無名塾」で特訓を受けて女優として活躍しました。仲代達矢自らスカウトしたので様々なうわさが飛び交いましたが、特に恋人同士になることもなく、神崎は2000年に外交評論家の宮本信生氏と結婚しました


神崎愛デビュー舞台

デビューは舞台『オイディプス王』です。王はもちろん仲代達矢、その妃役が神崎愛。

この舞台で神崎はゴールデン・アロー賞受賞、華々しくデビューしました。

1978年 神崎26歳時の無名塾の旗揚げ公演でした。王妃イオカステにはこの役が初舞台となる神崎愛、その他の登場人物とコロス役にはすべて無名塾の若い塾生たちが当たっていたはずです。演出は仲代夫人である隆巴(りゅう・ともえ)こと故・宮崎恭子。

初出演で塾長仲代達矢の相手役に抜擢されるほど、信頼が厚かったようです。

宮崎恭子が病気で亡くなり独身になった仲代、なぜ神崎を後妻にしなかったのか?

(仲代の心理が分かりません)


神崎愛と八つ墓村

八つ墓村といえば人気作家、横溝正史原作の人気小説のテレビ版。神崎愛も

出演、1978年(昭和53年)古谷一行主演のドラマに鶴子役で出演しております。

初舞台からすぐにドラマデビューしたのですね。今から40年も前の出演ですが

多数の方が神崎のファンになっています。鶴子がよほど強烈だったようです

画像をご覧ください。


時事ネタ次郎まとめ

神崎愛デビューは強烈でした。昭和53年ですかね。芸能界は美男美女の集まりですが、

その中でも際立って美人だった印象が残っております。そしてプロのフルート奏者とか。

美人過ぎると結婚が遅くなる傾向がありますな。神崎さんは48歳でした由美かおるは同棲が50歳過ぎ山本リンダは50歳です一般人は40過ぎると途端に相手がいなくなりますが、さすがに美人女優、相手には困らないようです。でも管理人としては仲代達矢と一緒になって欲しかったですな!では今後の活躍期待しておりますぞ!!

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする