スポンサーリンク

またも子供虐待死か 最近2018年後半から半年で起きた虐待事件まとめ

昨年から大きく報道されているのに子供の虐待が止まない、今度は京都市右京区で3歳の長男に暴行容疑で22歳と21歳の夫婦が逮捕された。今年世間で注目された事件だけでも10件近くあります。今回は最近起きた子供が親に虐待で死亡した事件をまとめました。


スポンサーリンク
スポンサー広告







京都市右京区で3歳長男暴行し死なす=継続的に虐待か、2019年7月17日

 

以下引用:

京都府警察は3歳の長男に暴行して死亡させた疑いで、父親の藤原真譲(22歳)と母親の詩織容疑者を逮捕した=京都市右京区花園扇野町=

長男には複数のあざがあり、継続的に虐待されていた疑いがあるが、2人とも容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、昨年12月5日ごろ、自宅で長男慈安ちゃんに暴行を加え、同19日死亡させた疑い。慈安ちゃんは頭部に力を受けて出血し、脳が機能しなくなるなどした。

府警によると、詩織容疑者から相談を受けた親族の女性が同5日午後3時ごろ119番。消防から府警に「3歳児が転倒し、意識がない」と連絡があり、医師は「日常的に虐待されたのではないか」とみているという。

それにしても、昨年の12月に死亡した事件がなぜ今頃逮捕なのか、さっぱり分かりません。

言えることは警察も児童相談所も仕事をしてない!という事ではないでしょうか。

引用:GOOニュース


札幌で2歳女児 虐待の後遺症で衰弱死! またも起きてしまった児相の職務怠慢!

 

今月6月5日の午前5時、2歳の娘の様子がおかしいと母から通報があった。救急隊が駆けつけると詩梨ちゃんは心肺停止状態でその後死亡した。暴行の疑いがあり母親の池田莉菜容疑者(21)と交際相手の藤原一弥容疑者(24)が逮捕された。そしてまたも児相の職務怠慢が暴露された。

池田詩梨ちゃん(2歳)が札幌の自宅アパートで心肺停止状態で発見された、その後病院で死亡した事件、母親の池田 莉菜(いけだりな)容疑者(21歳)と交際相手の藤原一弥容疑者(24)が日常的に暴行を繰り返していたとして逮捕された。

21歳で2歳の子供がいる池田とは、19歳の時の子供であります。17,18歳頃から遊びまくっていて、ついでに出来た子供ではないでしょうか。ツイッターにも画像がありました。

こういう女は親になる資格がありませんな!また池田 莉菜容疑者の親も酷いもんです。

おそらく40代から50前後でしょう。自分たちも娘にまともな教育してないんでしょうな。


千葉県野田市で10歳(小4)女児 虐待死 傷害容疑で父親逮捕 なぜ防げない

小4女児が自宅浴室で虐待で死亡 傷害容疑で逮捕の父親 10歳長女を暴行後に放置か、千葉県野田市で小4女児が自宅浴室で死亡 虐待か 傷害容疑で父親逮捕。10歳長女を暴行後に放置か。またもや繰り返される虐待死! 昨年は目黒で4歳児が虐待死されてから、関係機関はなぜ防げない、おおいに反省して、改善しているかと思いきや、まったくの他人事で終わっていたようです。

千葉県警は25日、自宅で小学4年の長女、栗原心愛さん(10)に冷水シャワーを浴びせたり、首付近をわしづかみにしたりする暴行を加えたとして、傷害の疑いで同県野田市山崎の自称会社員の父、勇一郎容疑者(41)を逮捕した。心愛さんは自宅で死亡が確認された。体にあざが残っていたことから、県警は虐待を受けていたとみて、司法解剖して関連を捜査する。

逮捕容疑は24日午前10時ごろから午後11時20分ごろ、自宅で冷水のシャワーを掛けたほか、首付近をつかんだり、髪を引っ張ったりしたとしている。県警は認否を明らかにしていない。

この事件マスコミが大々的に報道したので皆様もよくご存じかと思います。


厚木白骨死体事件 5才男児が餓死するまでの凄惨な密室虐待 児相は7年間放置

 

 こどもの虐待が繰り返される昨今ですが、以前にも凄惨な密室虐待事件がありました。

2014年5月、厚木市にあるアパートの一室で、5歳男児の斎藤理玖(りく)くんの白骨遺体が発見された。厚木市白骨死体事件の発覚でした。児相は所在不明の理玖くんを7年間も放置していた。

 遺体発見まで7年

遺体は身長1mほどで性別がわからないほど白骨化が進行。解剖の結果などから、理玖くんは5才だった2006年10月から2007年1月の間に衰弱死したとみられている。

保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、父親でトラック運転手の斎藤幸裕容疑者(36才)。2001年5月、斎藤容疑者は妻(32才)とともにこのアパートに転居し、直後に理玖くんが生まれた。

2005年春ごろには斎藤容疑者によるDVを理由に母親が家を出た。理玖くんと2人暮らしになった斎藤容疑者は、直後に飲食店勤務の女性と交際を始め、ますます育児を放棄するようになる。


まとめ:時事ネタ次郎

子供の虐待事件、あとをたちません。これでもかと言うくらい虐待死が繰り返されています。

いじめて自分の子供殺す!信じられないが現実です。

“この虐待事件警察、児童相談所、学校が連携して解決“と何度も言われていますが一向に

事件はなくなりません。政治家もこの問題に真剣に取り組む議員がおりません。

国会議員さん、税金から高級もらっているのだから頑張って

対策を考えてくださいませんか!

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする