スポンサーリンク

熊谷真美の若い頃 現在は59歳 ほんとに19歳年下と結婚した イケメン夫とは!

熊谷真美の若い頃はNHK連続ドラマ、「マーねーちゃん」主演していた。その後は芸能界

の人気女優として長年活躍中。現在(2019年)59歳 で19歳も年下イケメン夫と結婚していた。結婚はこれが二度目でラブラブの結婚生活らしい。今回は幸せな熊谷真美の紹介です。


スポンサーリンク
スポンサー広告







熊谷真美 プロフィール

生年:   1960年3月10日(59歳)

出生地:福岡県

出身地:東京杉並区

身長       160 cm

職業       女優・タレント

ジャンル:舞台・テレビドラマ・映画

活動期間:1978年 –

配偶者   つかこうへい(1980年 – 1982年)

中沢希水(2012年 –

熊谷真美の若い頃 マーねえちゃん

1978年(18歳)つかこうへい演出『サロメ』のオーディションに合格して芸能界入りする。翌年1979年NHKの連続ドラマ、マーねえちゃんの主役マリ子に抜擢される。

この番組で高視聴率を稼ぎ一躍人気女優になった。

マーねえちゃんとはあの長寿人気漫画「サザエさん」の作者、長谷川町子の姉、マリ子

事である。その主人公マリ子役を熊谷真美が演じました。

この番組人気だったせいか、放送終了後も出演者、スタッフで同窓会が時々開かれているという。まさに熊谷真美の出世番組であります。


熊谷真美 最初の結婚とは

熊谷が芸能界に入ったきっかけは、つかこうへい氏のオーデションに応募、合格がきっかけです。ところがこの出会いですっかり、つかこうへい氏を好きになったそうです。

この時18歳ですから、長谷川町子の「サザエさん」そっくりであります。明るくておっちょこちょい、それでいて憎めない熊谷真美さんであります。1980年に入籍、1982年離婚。

この結婚わずか2年弱で終わりました。


 熊谷真美 二度目の結婚

明るくて元気一杯の熊谷もさすがに初婚の失敗が懲りたのか、それから30年間独身でした。でも運命は熊谷が一目ぼれするようなイケメン男性を用意してくれました。それが中澤希水氏でした。

熊谷真美52歳で再び春を迎えた。

出会いは女優さんらしくない、カルチャーセンターのパンフレットだったそうです。

仕事柄男性との出会いなどそれこそ星の数ほどあるでしょうに!とにかく1枚のパンフレットの男性に心ひかれ、書道教室に入会したそうです。それが現在の旦那、書道の師範、中澤希水氏との出会いでした。

書道教室での様子が記事に掲載されていました。

以下:一部引用

たまたま書道教室で二人になった熊谷と中澤氏

熊谷:「先生! 今日はお話ししませんか?」と。

熊谷:そのとき初めて、ご両親が書家だとか、彼のことをいろいろ聞きまして。趣味はカラオケ、とかね。

熊谷:今度一緒に行きましょうよ、って話になった。

中澤:そのころ、僕にはそろそろ結婚を考えようっていう彼女がいたんです。

熊谷:私のお芝居にも一緒に来てくれたもんね。

中澤:それが……震災の年の秋にふられまして。ちょうど、断捨離とかライフスタイル本が流行(はや)っていた時期だったので「シンプルに生きる本を読んでたら、彼女から断捨離されました」って冗談半分でツイッターに書いたんです。

熊谷:それを私がたまたま見ていて。メールしたのね

中澤:仲間からは、どうしたの? 大丈夫?っていうメッセージやメールが来たんですけど、彼女からは(熊谷)「やった、ご飯一緒に行きやすくなったね!」

引用ここまで:AERA: https://dot.asahi.com

こういうやり取りがあり、交際に発展したそうです。熊谷らしいですな、19歳年下のイケメン男性に積極的にアタックするとは!世の中の独身高齢女性さま、是非とも見習ってくださいませ!


 

まとめ:時事ネタ次郎

明るく元気な熊谷真美さん、でもまさか年下のいい男と結婚するとは?世間は驚いています。テレビ番組で夫婦そろっての出演を拝見したが、熱々の雰囲気が伝わってきました。

熊谷さま貴方は独身女性に希望と夢を与えてくれました。これからも末永く楽しく幸せに!期待しています。

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする