スポンサーリンク

日活3人娘 松原智恵子の若い頃が綺麗すぎる!生い立ち 綺麗な画像まとめ

日活3人娘といえば、吉永小百合松原智恵子、和泉雅子有名でアイドルの元祖でした。

3人とも可愛い娘さんでした。特に松原さんの画像を現在 拝見しても、その美しさに驚きます。平成の女優さんも真っ青です。今回は松原智恵子さんの若い頃から現在まで紹介します。


スポンサーリンク
スポンサー広告







松原智恵子のプロフィール

生年:1945年1月6日(74歳)

出生地:岐阜県揖斐郡池田町出身。

職業:女優

配偶者:既婚

学歴:明治大学二文英文学科

岐阜県池田町は演歌歌手の石原詢子が生まれた町です。偶然同じでした。


松原智恵子の生い立ち

昭和20年に一男三女の末っ子として生まれた。ご実家は名古屋市内で、父親は不動産業、旅館、銭湯などの事業をされていて裕福な家庭で育ちました。岐阜で生まれたが戦争がおわり名古屋で育った。子供の頃から評判の美少女でした。

ただ残念なことは、昭和34年の伊勢湾台風で子供のころの写真が流失したそうで残ってないそうです。

1960年代を代表する名古屋美人でした。

1960年(昭和35年)、高校生の時に日活が行った「ミス16歳コンテスト」に入賞し女優デビューした。


松原智恵子の日活時代

吉永小百合 泉雅子 そして松原智恵子は日活3人娘とよばれ、日活映画の全盛期を支えました。そして百本を超える作品に出演されました。

出典 1960s.harikonotora.net

管理人の選んだ代表作『東京流れ者』

 

 

渡哲也と松原がコンビを組んだ名作映画です、主題歌「東京流れ者」は渡が歌い大ヒットした。1966年(昭和41年)この時期の日活映画は硬派二枚目俳優に絶世の美女の組み合わせでした。そして男は渡哲也に憧れ、松原智恵美にため息をつき、スクリーンに酔いしれました。

監督 鈴木清順

キャスト

本堂哲也              渡哲也

千春           松原智恵子

敬一           吉田毅

相沢健次              二谷英明

あらすじ

哲也は恋仲の歌手千春と結婚して、やくざをやめる決心をしていた。しかし哲也の所属する倉田組がやくざ稼業から不動産業に転じたことを根に持つ大塚組は執拗に挑発してきた。

しかし哲也は倉田の無抵抗手技を貫き手をださなかった。しかし大塚組の卑劣な攻撃が恋人まで及んだことで哲也の怒りが爆発した!


日活後の松原智恵子

 

1971年日活退社、26歳でした。その後はテレビドラマで現在まで活躍しております。

ドラマ出演は数多くありますが、特にNHKの大河ドラマは7本も出演しています。

初大河ドラマ出演は国盗り物語

 

原作:司馬良太郎

キャスト:

平幹二朗:伊吹吾郎

近藤正臣:杉良太郎

高橋英樹:

池内淳子:三田佳子

松坂慶子: 松原智恵子

当時の大物俳優がずらり出演しております。織田信長の妹お市の方を演じています。

戦国時代に美人で有名なお市を演じるとは、まさに松原にうってつけの配役でした。

松原智恵子の現在

 

今年で(令和元年)74歳になります、御主人 黒木純一郎さんと暮らしているそうです。

子供も一人さずかり立派な青年医師に育ったそうです。すばらしいですね。芸能人の子供は

問題児になることが多いのですが、ご両親がしっかり育てたのですね。


まとめ:時事ネタ次郎

松原智恵子さんデビュー時は16歳で日活からデビュー それから58年間女優として活躍しております。でも日活時代の松原さんが一番輝いておりました。誰もがこんな女性が彼女

なら良いなとスクリーン越しの松原に憧れていました。

それにしても松原さんを射止めた黒木さんお見事であります。これが映画の相手役の舟木一夫とか渡哲也なら納得できますが、一般人ですからね!でも今幸せならファンは満足です。これからも活躍期待しています。

関連記事:

酒井和歌子 永遠の清純スター 美しすぎる「処女伝説」黒沢年男「めぐり合い」

小川眞由美の現在は僧侶とか!初主役は「二匹の牝犬」でお色気映画でのデビューだった

栗原小巻 加藤剛 純情可憐な女優が演じた 随一の濡れ場シーン「忍ぶ川」

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする