スポンサーリンク

平成の怪物 完全復活 あの松坂大輔が帰ってきた!魂の123球

松坂大輔まだやれる!阪神相手に7イニング4安打の好投!

相次ぐ故障で長期にわたる離脱していた松坂大輔。メジャーリーグから日本

球界に復帰したのが、2015年ソフトバンクでした。ここではまったくの

役たたずで在籍2年間で1軍登板はわずか1試合のみもう誰もが引退かと

思っていたが中日ドラゴンズが入団テストを行い松坂を引き取ることにな

った。こういう、いきさつがあるので昨日の阪神戦で復活したことは大変な

ニュースであります

スポンサーリンク
スポンサー広告







以下中日スポーツの記事

白星はつかなかったものの、平成の怪物が復活した姿はしっかりと監修に見せつけた。中日・松坂大輔投手は今季二度目の先発となった19日の阪神選で(ナゴヤドーム)国内復帰後最長となる7イニングを4安打2失点。打線の恵まれず、チームは今季ワーストの5連敗。松坂の復帰初勝利はまたもお預けになったが、見るものの心を動かす魂の123球であった。


2失点2敗目だがもう一段階上へ

18・44メートルの空間で持てる力を最大限に発揮した。7回に代打・上

本のバットが空をきり大ピンチをしのいだ。松坂は右拳を握ってからグラブ

をたたいた。何がなんでもおさえる。気迫が結果となり、感情へと変換され

た。

「バテたという感覚はなかった。もう一段階、投げられる状態はできたのかもしれない」

ヒヤリとさせながらも見せ場は作った。7回1死一、二塁で大山を打ち取っ

たあとだ。力みから左足をつくタイミングが合わない。朝倉投手コーチと永

田トレーナーがベンチから飛び出した。「つったような感覚になったけど、

投げられるんでそのまま行った」松坂は両手で二人を制して「続投」梅野に

中前打で2死満塁も。上本を空振り三振に仕留めると、勝利したかのように

球場が沸き立った。6回を終えて101球を数えたが、今回は志願の続投だ

った。予定した100~110球を上回る7イニングで123球を投じた。

国内では2006年9月16日のソフトバンク戦で9イングを145球で完

投勝利を飾って以来の球数だ。打線の援護に恵まれず、同日以来12年ぶり

の勝利はお預け。森監督は「もしかしたら勝ちが付くかもというところまで

よくしのいでくれた」とたたえた。

松坂世代の一人も「エール」を送る。日大藤沢高時代に横浜高の松坂と投げ

合った同学年のヤクルト・館山だ。ソフトバンク退団後、新天地をさがす松

坂に館山は「僕より先に辞めるなんて想像つかない。ピッチャーとしてのお

手本だから」と感じていた。

右手や右肘など度重なる手術経験をもつ館山と。右肘や右肩の手術から復活

をめざす松坂。「手術して戻ってくる人が増えれば、野球界にとってプラ

ス」ともに同世代として松坂に期待をよせている。

20日にも出場選手登録を抹消され、肩の回復具合を見ながら中10日で

DeNA戦に向かう。「チームの連敗を止めたかった、できなかった」悔しさ

をエネルギーに変え。3度目のマウンドで今度こそ白星をつかみとる。

まとめ

管理人より ネタ次郎より

いまは大谷翔平大リーグで大活躍していますが、この松坂大輔は高校時代

は大谷以上の活躍でした。まさに平成の怪物でした。でも大リーグのマウン

ドが合わなかったのか、ついに肩、肘を痛めてしまい長いこと登板すらなか

ったです。それが中日に移籍して見事復活とは、大変うれしい限りです。この調子でシーズンを乗り切ってほしい!

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする