スポンサーリンク

美輪明宏の経歴 ハーフ?格言や名言!紅白出場!若い頃の三島由紀夫との関係は!

三輪明宏さんは人生の怖い話や格言名言を数多く残しております。若い頃は駅で寝泊まりするほど苦労もしました。今は亡き大作家三島由紀夫との交流も有名です。また人生相談もされています。その内容をまとめて「楽に生きるための人生相談」という本も出版しています。

スポンサーリンク
スポンサー広告







美輪明宏プロフィール

幼名:丸山 臣吾(まるやましんご)

本名:丸山 明宏 (まるやま あきひろ)

芸名:美輪 明宏 (みわ あきひろ)

生年:1935年5月15日(83歳)

出身:長崎県長崎市

事務所:オフィスミワ

ジャンル:シャンソン歌手、俳優、タレント、人生相談、演出家、

美輪明宏の経歴及びハーフの噂

長崎市内の「丸山遊郭街」で昭和10年に生まれる。両親は「カフェ」を経営していた

丸山遊郭、江戸時代から半公認の遊郭街は全国いたるところにありました。長崎市の丸山遊郭もその一つ、その歴史に興味深いものがあります。丸山には外国人用の遊女もおり、彼女たちはオランダ人が暮らした出島や、唐人屋敷の中国人の相手をしました

美輪明宏にはハーフとのうわさがありますが、遊郭の歴史から先祖にオランダ人の血が入っている可能性があります。

戦争の影響で「カフェ」は時局に合わず閉鎖。次に父は「金貸し」を始める。美輪は15歳の時に上京して音楽の道に進む。国立音楽高等学校入学、しかし稼業(金貸し)が倒産して高校中退。

17歳のころは駅で寝泊まりするほど困窮した(これはほとんどルンペンです)

しかし、天の神さま(仏さま)は美輪明宏に救いの手を差し伸べてくれたのか?

銀座のシャンソン喫茶が“美少年募集の広告”をきっかけに、シャンソン喫茶「銀巴里」(ギンパリ)との専属契約を交わし、歌手デビューを飾る

この張り紙広告はズバリ美輪のための「張り紙広告」であります。こんな偶然はあり得ない

この「銀巴里」で歌うことで次第に世間の評判になり、現在の活躍に繋がります。

(本当に運がありますね!)


美輪明宏の格言や名言

美輪さんの格言・名言はこれまで本まで出版しておりプロ並みです。

「楽に生きるための人生相談」

人の幸せを願うようになると、心が豊かになるんです。心が豊かになると、人相も変わってくるんです。そうすると起きる現象が変わります。

愛する人に「愛してるよ」と言える幸せ・・・。感謝の心を持てば生きるエネルギーが湧いてくる。

充実した人生を送るコツは生きがいをたくさん分散させておくこと

すぐキレるのは、自分の気持ちを表現する適切な言葉を知らないから。たくさんの本を読んで言葉を知ればストレスは溜まらない

皆が喜んでくれる自分を演じるより、

人目を気にせず、

素顔の自分を表現すれば楽になる。

苦しみを経験するから幸せの有り難みが分かる。

苦しむことは幸せになるためのプロセス。

美輪さんの格言,名言は浮ついた言葉でなく実感があります。ルンペンまで落ちた経験があるから言葉に力がありますね


美輪明宏の紅白歌合戦

3年前の紅白歌合戦に最年長で出場した美輪明宏さん、いつもの派手派手な衣装ではなく、カラーのヘアでもなく黒ずくめの衣装。画面に映った瞬間から戦慄をおぼえました

紅白歌合戦にて、強烈なメッセージがこめられた歌『ヨイトマケの歌』を歌った美輪さん。代を超えて、その強烈な姿に魅了された視聴者からメッセージがよせられた。

ネットの感想

紅白、美輪明宏さん良かった、迫力、力強さ、メッセージ、前後が飛んだ、歌よりも物語かな、これだけでも観た甲斐があった

今更ですが…紅白で美輪明宏さんが『ヨイトマケの唄』を歌ってらっしゃった時約6分間放心状態でした…今の時代がどんなに恵まれているか…それが僅かながらに実感しました。これこそ絶対に忘れてはいけない日本の精神だと思います

歌に励まされたとか反吐がでるけど、昨日の美輪明宏のヨイトマケの唄はほんとうに良かった。心臓がブルブルした。いろいろ気付かされた。


若い頃の三島由紀夫との関係は!

中年からの美輪さんは異色歌手・俳優の大御所的な存在になりました。でも若い頃の駆け出し時代に三島由紀夫と「同性愛」に近い関係だったように思います

美輪さんはいわゆる“ゲイ”で女性のように綺麗な少年でした。そして何よりも感性が人一倍優れていました。

三島由紀夫氏も同様に感受性が敏感でした。二人は通じるものがあったのでしょう。

美輪さんの代表舞台に『黒蜥蜴』(くろとかげ)があります。かれこれ47年くらい演じています。この脚本は亡くなった、三島由紀夫氏でした。三島氏が美輪のために脚本した作品です。

三島由紀夫という文学天才と、美輪明宏という舞台の女神の化身がタックを組んだ『黒蜥蜴』です。それぞれの才能を認め合い、そしてリスペクトしあった存在だったからこそ素晴らしい作品が誕生しました。

三島氏と美輪さん、おたがいに認めあっていましたが、そこには同性愛という禁断の愛が混じりあっていました。でもそのような関係になることなく三島由紀夫は自衛隊市谷の駐屯地で一生を終わりました。

(これで49歳 奇跡の中年男 hidenの美しい画像 まとめ、妻 大石恵の画像も!)


まとめ

管理人:時事ネタ次郎

芸能人、芸能界は波乱万丈タイプの役者さんが多いですね!でも美輪さんのような格言、名言、人生相談、に取り組んでいる役者さんは珍しいです。“人生には悩みが付き物”と言える、

悩んでいる人を救う!噂では美少年だった天草四郎の生まれ変わりとか?管理人の印象では偉大な宗教家の生まれかわりのように感じます。

美輪さんことしは83歳、まだ現役で出来るからすごいです。このまま元気で活躍期待しています。

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする