スポンサーリンク

仲代達矢の現在は養女の世話に! 若い頃は映画 演劇で大活躍の名優だった!

仲代達矢といえば若いころから本格的 演技派俳優として映画 演劇界で活躍してきた名優です。主演した映画は130数本、その他舞台にテレビドラマと超多忙。また私費を投じて「無名塾」を主宰して若手を育てた。現在は86歳で養女の世話になっているという。

スポンサーリンク
スポンサー広告







仲代達也のプロフィール

本名:仲代 元久(なかだいもとひさ)

生年:1932年12月13日(86歳)

出生地:東京目黒区

ジャンル:映画、演劇、テレビドラマ

配偶者:宮崎恭子(1996年死去)

養女:仲代奈緒(歌手)

養女:名称不明30代女性

 

仲代達也の経歴

身長も高く(177センチ)容貌も日本人離れしており、てっきり豊かな家庭の生まれかと

思っていたが、小学2年のときに父親が死去してから極貧生活を味わった。

茨城出身の父、忠雄さんと五反田で薬局を営んでいた野口家、その娘愛子さんとの間に生まれた。母親の愛子さん、独身時代は薬局店の看板娘だったそうです。仲代の端正な顔だちは

母から受け継いだようです。そして努力家と明晰な頭脳は父から授かったようです。

しかし父親 忠雄さんがあっけなくこの世を去り、母は子供をかかえて苦労したそうです。

だが器量が良かったために、住み込みで働いた家が弁護士宅でそこで見初められ妾になった。そのお蔭で仲代は高校を卒業することができた。昭和20年代の高校卒業は現代の大学卒業以上に貴重でした。


俳優座養成所に入所

高校を卒業したといっても昭和20年代、就職が決まらず各種の仕事を転々としながら、休みには芝居や映画を見て過ごしていたようです。そこで俳優座公演を観劇した際に感動して役者を目指し、俳優座に入所しました。昭和27年(1952年)仲代20歳の時でした。


稀代の名優に

1955年(昭和30年)仲代が23歳のときに思いがけない大抜擢があった

デビュー公演を見た女優・月丘夢路の推薦で、夫の井上監督から依頼があり映画『火の鳥』(1956年、日活)で月丘の相手役という大役をつとめた。

仲代さん、いきなりチャンスが巡ってきて、そのまま上昇気流に乗って見事有名俳優に!

仲代のその後の活躍は皆さんご存知のように、映画、舞台、テレビドラマでスーパー活躍であります。

映画全盛期の黒澤監督、小林正樹監督、名優の三船敏郎、勝新太郎などと共演、イタリア映画出演など、日本映画を支える名優として名をはせた。

その結果、数え切れないほどの賞や勲章をいただいております。まさに稀代(きだい)の名優であります。


無名塾を開講

1957年(昭和32年)に宮崎恭子(やすこ)さんと結婚、仲代25歳でした。その恭子さん

と始めたのが有名な「無名塾」1975年(昭和50年)に創立した。43歳でした。

後身の育成が目的だったが、この塾に入所するのがまた仲代人気もあって超難関でした。

妻の恭子さん死去後も熟は継続されて、公演を行っています。現在も仲代主演で活動中です。

 


仲代達也の現在

86歳という、高齢にかかわらず現役で俳優を続けております。

妻の恭子さんとの間には子供がなく、妹の宮崎聡子の娘、奈緒を養子に迎えた。その奈緒さん女優として仲代と共演した事もある、現在は歌手として活動中とか。

ところが最近の情報で仲代にもうひとり、養女がいることがわかった。

以下:一部引用

「実は、私は仲代さんの養子に入りました。理由は、仲代さんの“終活”にあたり、この“ポジション”を守る者が必要だからです。

何かのタイミングで、マスコミに取りざたされる可能性も覚悟していますが、なるべく多くの方に周知してもらうために、報告しています。仲代さんのお人柄と、輝かしい役者人生に傷がつかないことを願い、賛否両論をいただきながら、私なりに仲代さんに最善をつくし、誠心誠意、全身全霊をつくして、自分の役割を果たしていく所存です」

引用:週刊女性

いくら元気といっても仲代さん86歳、そろそろ終活も近づいている。その面倒を謎の養子女性が現れました。一体どうなっているのか、週刊女性の記者も取材を断行したが、

結局くわしいことは分からずじまいでした。


 まとめ:時事ネタ次郎

 

稀代の名優 仲代達也さん、奥様の恭子さんが亡くなったのが1996年、仲代64歳でした。

少し前の世代なら子供が出来なければ2号さんとか、妾を作り子供を産ませたものであります。仲代には健康で綺麗でなおかつ達也を慕っている女優が周りに、沢山いるのだから

妾を持つのは簡単だったと思うけど?それだけ奥様 恭子さんを愛していたのでしょうか。

神崎愛の現在 美人フルート奏者 モデルで女優 未だに人気の八つ墓村

若村麻由美は美人女優でドラマで活躍中 !亡くなった旦那さんとは異色の結婚 富山との関係は?

倍賞千恵子の若い頃から現在まで 代表映画「幸福の黄色いハンカチ」健さんとロマンス

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする