スポンサーリンク

中田喜子 若い頃は仮面ライダーのヒロイン 現在は独身 DIYの腕前はプロ級

中田喜子といえば『渡る世間は鬼ばかり』が有名ですが、若い頃は仮面ライダーの

ヒロインで活躍していました。結婚は25歳でしたが、現在は独身だそうです

そんな中田さんがハマっているのが意外にもDIY、腕前はプロ級で本も出版しております。

今回は中田さんに迫ってみます。

スポンサーリンク
スポンサー広告







中田喜子のプロフィール

名前:山崎喜子

芸名:中田喜子(なかたよしこ)

生年:1953年11月22日(65歳)

出生地:東京

中田喜子の経歴

生まれは東京中央区、築地の仲買の家「増田屋」に生まれる。日本橋の魚河岸時代から

続く老舗ですが、昨年の豊洲移転に伴って苦渋の決断、廃業したそうです。

中田のデビューは1971年『白い汽車』で歌手でしたが、記録ではこの1曲しか残っていません。歌手でデビューして、その後女優、俳優に転向した方は多いですね。

仮面隊ライダーのヒロイン役などを経て21歳で『やっちゃば育ち』の主演に抜擢。

その後はプロデユーサー 脚本家の石井ふく子・橋田壽賀子に可愛がられ両氏の作品の多くに出演。

中田喜子を国民的女優に推したドラマは『渡る世間は鬼ばかり』 このドラマの文子役は20数年に渡って演じた“はまり役”として有名。

美人女優なのになぜかDIY 日曜大工が趣味という中田、趣味が高じて本まで出版しています。『女優・中田喜子のDIY 手作り模様替え工房』

 


 

中田喜子の仮面ライダー

中田喜子は第70話からメンバーになりました。この時のメンバーはヨッコ(中田)の他にチョコ(演:ミミー)、そしてユリが主要メンバーとなり、「少年仮面ライダー隊」の通信員を務めることになった。三名のヒロインたちはみなそれぞれ独自の魅力を発揮し、作品を支える重要な役割を担っていた。後にホームドラマで有名になった中田はじめ女子プロレスに転向して人気になったミミ萩原など、仮面ライダーのヒロインは子供相手の作品ですが、

ここで人気を得て大きく飛躍した女優さん、中田を始め多いですね。


中田喜子 現在は独身

 

中田喜子は熟年離婚していました「原因は彼の浮気。どうしても許せなかった」

そうです。男なら浮気くらいと思いますが、“そうは問屋が卸さない”のが美人女優であります。昨年は渡辺謙さんが同じ理由で離婚しています。

離婚は中田が54歳、彼が12歳年上なのでこの時旦那は66歳、よくこの年齢で浮気する元気ありますね。大した者です。ただ美人妻の中田を失ったのは痛いですね。66歳ではいくら頑張っても年下の女性と結婚は難しい。逃がした女房(中田)が恋しいのでは?

というわけで中田喜子は現在65歳、離婚後も再婚の話を聞きませんので現在も独身であります。でも中田もこの年齢で独り身は寂しいのでは?


DIYの腕前はプロ級

 中田喜子が「女性自身」で語っております。「DIYで変わった私の人生」

 以下一部引用:

「私がDIY(家具などを手作りすること)にハマったのは、仕事でヨーロッパへ行ったことがきっかけでした。若いご夫婦のご自宅で、手作りのキッチンを見せていただいたんです

「素朴なキッチンでしたが、『お金をかけずにここまで立派なものが作れるんだ』と衝撃を受けました。そして、自分でもやってみたいと思い、帰国後すぐに、壁紙を貼り替えてみることに。

そのほかにも、中田さんは木製の家具をきれいに塗り直したり、いすを張り替えたり。カーテンに別の生地を付けたりと、いろいろなことにチャレンジしていった。

慣れてきたら家の壁の左官までやってしまいました(笑)。一軒家の壁をすべて塗ったんです! それも、もちろん我流。東急ハンズやメーカーに電話でやり方を聞いて、2週間ほどで仕上げました

引用ここまで:

中田喜子のDIAは業界でも有名らしく、本まで出版しております。

「女優・中田喜子のDIY 手作り模様替え工房」

https://www.amazon.co.jp/女優・中田喜子のDIY


まとめ

 時事ネタ次郎

 

いつまでも若い中田喜子さん、65歳とはとても思えません。まだ美貌は健在です。

そして離婚してからもう12年です。そろそろ一人暮らしも飽きたのでは?

ここは思い切って年下のイケメン男性と再婚なさってはいかがですか!

前回のブログでは真矢ミキさんの「年下イケメン夫」の記事を投稿しました。

是非とも、素敵な男性と熟年恋愛を楽しんではいかがですか!期待しております。

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする