スポンサーリンク

新潟女児殺害遺棄事件 急展開 犯人逮捕!近所の男か!

新潟市の女児殺害事件、8日目でようやく容疑者が逮捕のニュース

これで地元の保護者は一安心でしょう。この幼児殺害事件これまでにも多数ありますぞ。それも小学1,2年生に集中しております。いつになっても女児を誘拐して悪戯する、騒がれて殺す。こんな変質者が後を絶ちません。今回は新潟女児殺害事件の詳細を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサー広告







近所の23歳男を逮捕 

新潟市立小針小2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害され、同市西区のJR越後線の線路内に遺棄された事件で、新潟県警捜査本部は14日、大桃さんの自宅近くに住む同区の会社員の男(23)が関与を認める供述を始めたことなどから、死体遺棄と死体損壊の両容疑で逮捕した。捜査本部はこの日朝に男の軽乗用車を押収して車内を調べるとともに、事情を聴いていた。捜査関係者への取材で判明した。

男は14日午前7時前、同市西区にある道の駅「新潟ふるさと村」に立ち寄ったところで捜査員に任意同行を求められた。

 捜査関係者によると、男の自宅は大桃さん宅と同じ地区内にあり、遺体が遺棄された線路からも近い。付近では、男の黒っぽい軽乗用車が防犯カメラなどに映っており、捜査本部はこの車の鑑定を進めている。

 現場付近では遺棄されたとみられる時間帯に白いワゴン車が目撃されていたが、その後の捜査で不審な黒っぽい軽乗用車が浮かんだ。

 大桃さんは7日午後3時ごろ友人と下校。自宅まで約300メートルの踏切の手前で友人と別れた後、1人で歩いている姿を目撃されたのを最後に行方不明になった。遺体が遺棄されたのは、下り電車が現場を通過した7日午後10時20分ごろから上り電車が遺体をはねるまでの約10分間で、捜査本部は電車の運行間隔を熟知し、土地勘のある人物が関わったとみて調べていた。

 線路内にあったキャラメル色のランドセルや線路と道路を隔てる鉄製の柵(高さ約1.3メートル)から家族以外の指紋が検出されている。大桃さんは当日の登校中、男に後を追いかけられたと同級生に話していた。

引用:毎日新聞ヤフーから


保護者の声まさかこんな近くに

近くにいたなんて」--。新潟市立小針小2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害され、JR越後線の線路内に遺棄された事件は14日、発生から1週間で急展開を見せた。警捜査本部に同日、死体遺棄容疑などで逮捕された男(小林 遼)は、大桃さん宅と同じ地区内に住んでいた。近隣住民は被害者の無念や遺族の悲しみを思いやった。

(新潟市死体遺棄事件「騒がれ殺した」計画的に連れ去ったか)


 8日逮捕までの捜査のいきさつ

捜査が動いたのは午前7時前。遺棄現場の約4キロにある道の駅「新潟ふるさと村」の駐車場に、黒っぽい色の軽乗用車が入ってきた。その後ろには、追尾していたとみられる県警の覆面パトカーが。捜査員は車を運転していた男に任意同行を求め、車をレッカー移動した。

 レッカー移動に立ち会ったというふるさと村の川上克己副館長によると、覆面パトカー3台が男の車を囲むように止まり、私服の捜査員4、5人がいたという。いつもと異なるものものしい雰囲気に、川上副館長は驚いたが、大桃さんが殺害された事件と関係があるとは思いもよらなかったという。

新潟市 近隣住民の不安の声

 小針小3年の男児の母親は「本当にひどい事件で、毎日不安だった。(犯

人には)正直に話してほしい」。近くに住む自営業の男性(66)は「この

1週間毎日不安で気持ちが落ち込んでいた。私にも同じ小学校に入学したば

かりの孫の女児がいる。だから人ごととは思えなくて本当に心配だった」と

話した。

 現場近くに住む主婦は「近くに(関与した男が)いたなんて。この辺りは治安の良いところだと思って暮らしていたので、こんな事件は思いも寄らなかった。看護師の女性(52)は「再び同じような事件が起きないように子どもを見守る体制を作っていかないと」と話した。


まとめ

管理人ネタ次郎

亡くなった”大桃珠生ちゃん”に合掌。

この手の犯人像はある程度パターンが決まっています。変質者には違いないですが、まず、1、独身 2、若い人が多い(例外あり) 3、彼女いない 4、小心 5、成人女性が苦手(相手にされない)6、最後に幼児をセックスの対象にする。

要するに大人の女に相手されなくて幼児を対象にする、こんなパターンですかね。ひと昔はこんな男でも”赤線”があり気楽に女とセックス出来ました。料金もまぁ手頃でしたから、普通に働いていれば女とヤレマシタ。年頃の男のセックス問題 真剣に考える時期がきたようです。

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする