スポンサーリンク

野村克也の成績とは!球史に残る名選手だった その原点は母子家庭の極貧家庭だった! 

野村克也と言えば名選手、名監督で有名であります。その野村さん母子家庭の極貧家庭で育ちました。高校もやっとの思いで進学、野球部ではバットも買えず一升瓶で素振りをしたとか?その野村がわずかなチャンスを引き寄せ、ついには球史に残る名選手になりました。


スポンサーリンク
スポンサー広告







野村克也のプロフィール

生年:1935年6月29日(83歳)

出身:京都府竹野郡網野町

(現・京丹後市)

身長:175センチ

体重:85 kg

職業:元野球選手、元監督

現在:野球評論家、著作、講演会など


野村克也の生い立ち

父を早くに亡くし、母は病弱で極貧家庭で育つ。家計を少しでも助けるため、野村は小学校1年生の頃から兄とともに新聞配達やアイスキャンディー売りなどのアルバイトをした。また、父の戦友の助けや母の稼ぎなどで何とか生きてきた。

中学2年生で野球部に入ると、すぐに4番・捕手に抜擢された。野村は野球の才能はあったようです。高校に入学もバットも買えない貧乏高校生だった。野球部の顧問が野村の才能を見抜いてプロ野球球団に紹介状を送った。その中の南海監督・鶴岡一人が野村を見に来てくれた。こうして入団テストを受けることが決まった。そのテストもかろうじて合格したようです。

(*南海ホークスは1988年で身売り、現在は福岡ソフトバンクホークス)


南海ホークス入団

入団テストの逸話:

“ほかの受験生が一投目で合格ラインをクリアできても、私はクリアできなかった。2投目を投げる前、手伝いにきていた1年上の先輩選手が「前に行け」とささやいてくれて、スタートラインより5mも前から投げて、ようやく合格ラインをクリアできた。私はその程度の選手だったのです“

1軍での出番はわずか9試合で11打数無安打だった。現在なら2軍スタートでしょうね。

シーズン終了後にマネージャーから戦力外通告を受ける。しかしここで貧乏家庭の本領

発揮です。「もしここでクビになるようなら生きていけません。南海電鉄に飛び込んで自殺します」と球団と粘り強く交渉。そういう野村に都合よく環境が変わります。

キャンプ中に正捕手が交通事故、2番手捕手がトレード、3番手の捕手が死球を受けて怪我となり野村の残留が決定!野村のために周りの環境が変わるとは!天を味方につけた野村克也。


名選手への道

捕手としては肩が弱く、1塁へのコンバートを言い渡される。鉄アレイなどを使って筋力を鍛え、遠投で肩を強化した。このような努力が実り、2年目は2軍で打率2位の成績を残し、シーズンオフの秋季キャンプで捕手に再コンバートされる。3年目の1956年、思いかけず、ハワイ春季キャンプで一軍に抜擢された。以降正捕手に定着した。

肝心のバッテングは1軍での試合では三振また三振。なかなか改善されずに、苦労したそうです。

当時のバッテングは「直球を待ちながら変化球に対応する」器用な打者を目指したそうですが結果がでなかった。そこで閃いたのがデータを重視することでした。ID(野村)野球のはじまりでした。当時はまだ誰もやっていませんでした。

’57年に30本塁打で初の本塁打王に輝き、プロで生きる自信がついたそうです。

石にくらい付いてでもプロ野球でのチャンスを逃したくない、貧乏家庭で身に付いた

ど根性が平凡な三流選手を一流にのし上げました。

 


球史に残る名選手に!

テスト生でかろうじて入団した、野村克也選手がまさかの名選手になるとは!これは

奇跡でした。その輝かしい成績をみてみます。

通算試合出場数は日本プロ野球歴代2位通算の安打、本塁打、打点、塁打数は歴代2位。

通算RCWINでも歴代5位を記録している球史に残る名選手、「俺は王貞治さえいなければ三冠王だった」と自負している。

現役時代は捕手という負担の大きいポジションで歴代選手2位の出場数。監督としての試合出場も通算3204試合と3000試合の大台に乗せている。また

通算打席数(11970打席)と通算打数(10472打数)も歴代1位記録である。


野村克也の私生活

二度結婚しており、初婚相手は正子さん、2人目の配偶者が野村沙知代である。沙知代との間に息子・野村克則氏がいる、この克則氏がプロ野球選手になった。

沙知代さんとの逸話は多く語っていて、多くの著作にも掲載されています。

野村克也という名選手、名監督をコントロールしていたのは野村沙知代さんだったそうです。


まとめ:時事ネタ次郎

野村克也氏の経歴を調べて不思議に感じたのは、人生の大事な節目に恩人というか、

協力者があらわれ。窮地の野村を助けています。そしてある時期(1972年ころ)からの最大の協力者は野村沙知代夫人でした。夫人が亡くなってしばらくは落ち込んでいたそうです。そんな克也氏も83歳です。最大のライバル王貞治さんより長生きして最後は勝ってくださいな!

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする