スポンサーリンク

熱愛不倫女優!高岡早紀を抱いた3人の男 保坂尚輝 布袋寅泰 松坂桃李

高岡早紀 映画 モンスターで話題になりましたが実は熱愛不倫女優として有名です。

次々と男性と熱愛のうわさの絶えない、”高岡早紀”抱いてみたい女優NO1。

女として抜群のプロポーションをほこる、高岡早紀、それは女王蜂と同じように男を虜にする、まさに魔性の女優です。タイプは違いますが藤あや子に似ていますね。

実際に彼女とうわさになった男性は数しれず!その仲でも有名な三人の男性との恋愛遍歴をまとめてみました。


スポンサーリンク
スポンサー広告







高岡早紀のプロフィール

本名 高岡 佐紀子 たかおかさきこ

生年月日 1972年12月3日(44歳)2017年現在

出生地 日本 神奈川県藤沢市

身長 163センチ

血液型 A型

職業 女優

ジャンル 映画・テレビドラマ・演劇

活動期間 1988年 –

配偶者 保阪尚希(1996年 – 2004年)

著名な家族 高岡由美子(妹)子供(娘)


熱愛女優 高岡早紀の経歴

雑誌『セブンティーン』モデルとして芸能活動を始め、1988年のテレビCMで俳優・岡田真澄と共演。このCMで芸能界デビュー。同月30日にCMソングの『真夜中のサブリナ』でアイドル歌手としてデビューした。

1989年には、映画 『cfガール』への出演で映画デビュー。同6月にはファーストアルバム『Sabrina』を発売した。

1994年、映画 『忠臣蔵外伝 四谷怪談』に出演し、ヌードを披露。同作品では日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞などを受賞する。翌年には、山紀信撮影のヘアヌード写真集 『one, two, three』を出版。映画、写真集と相次いでヌードを公開した。

現在も(2017年9月)テレビ,映画,舞台,CMと幅広く活躍している

恋多き女 高岡早紀の美爆乳がすごい、忠臣蔵外伝 四谷怪談で初ヌード披露


高岡早紀 最初の男性 保坂尚希

保坂尚希さんとは1996年に結婚しました。(平成8年)この時は高岡早

紀は何とまだ24歳ではないですか。

二人が出会ったのは連続ドラマ『ひと夏のプロポーズ』(TBS系・1996年)での共演がきっかけ。(女性セブン1996年12月12日号より)

保坂尚希さんは1967年生まれですから当時は29歳ですね!今でも若いカップルですね!

その保坂さんとは2004年に離婚してます。結婚当時はかなりの熱々カップルだったようです。

当時の記者との記録

記者「ふたりが結び付いている、いちばんの原因は何でしょう?」という質問

高岡:「(じっと保阪と見つめ合って)毎日とても楽しいのでそれがいちばんだと思います」

記者が「ここまで保阪さんのことを好きになった理由とは」

高岡:「一緒にいて、とても自然なもので、付き合ってから4か月しかたっ

てないんですけど、そんな気がしないんですね

保阪:「同じですよ。やっぱり、同じじゃないと、一緒にいられないですか

ら。(同じということは)似てるんじゃないですか。価値観とか、楽しいポ

イントとか、雰囲気とか、空気が似てるんじゃないですか」

この会見でわかった事は交際4か月で結婚に踏み切ったようです。その後の高岡早紀の恋愛パターンを象徴してます。いつも男に恋しているような、乙女のままで大人になった女高岡早紀。

2004年に離婚ですから8年間の結婚生活です。男の子を二人産んだそうで

高岡早紀が不倫してた相手 布袋寅泰

この布袋寅泰との不倫が保坂尚希との離婚原因ともいわれています。何しろ保坂とは子供も設けていますから、普通の感覚の女性なら不倫はありませんね。

布袋と不倫してた頃はまだ長男が5歳、次男はまだ3、4歳でしょう。子供よりも母性本能よりも女の本性、女の性(さが)が勝るようです。まさに熱

愛女優、恋多き女です。女性も結婚まえの娘時代は可愛い女で、男とくらすと今度は色気のある女に変身するのですね。

布袋寅泰も高岡早紀のフェロモン色気には参ったようです。

2004年6月18日、歌手の今井美樹の夫・布袋寅泰とのW不倫が「フライデー」にスクープされたました。

激写されたのは六本木のとあるバー。この時、数軒店をハシゴして既にベロベロだったと思われる2人のイチャつきようときたら、相当過激なものだったと伝えられています。

周囲の目などお構いなしに熱い抱擁を交わし、互いの身体を愛撫……。

日付が変わるころに2人は店を後にし、タクシーでそれぞれの家族が待つ自

宅へ。

この事が大きく報道されてあえなく保坂とは離婚となりました。まさに熱愛女優

高岡早紀

高岡早紀と松坂桃李 急接近

 

恋多き女 高岡早紀の美爆乳がすごい、忠臣蔵外伝 四谷怪談で初ヌード披露

2017年のNHKドラマ わろてんかで主人公、葵わかなの主人公の夫を演じている松坂桃希。

朝のドラマで爽やな笑顔を振りまいていますが、朝ドラとまったく正反対の高岡早紀とのベッドシーンの舞台に出演。この舞台はベッドシーンSEXシーンが多く15歳以上指定のR15になっている。 この作品は石田衣良氏の長編小説『娼年』、『逝年』を舞台化したものです。

 

「3時間の公演で松坂さんは10回もベッドシーンを演じます。卑猥な言葉を

言ったり、胸に舌を這わせたり、放尿シーンや男性同士の行為も。あまりに

生々しい性描写に、舞台では珍しく15才未満の観劇が禁止されたほどで

す。それも話題を呼んで、連日満員御礼で立ち見客も出ています」(舞台関

係者)

舞台のクライマックス、レクイエムが流れる中、あふれ出した感情を抑えきれずに高岡と松坂は服を脱ぎ捨て一糸まとわぬ姿になる。同時に天蓋からレースのカーテンが下り、カーテン越しに見えるのは、透き通るような柔肌にツンと立った乳首がなまめかしい高岡と、松坂の引き締まった肉体。ふたりは静かに体を重ねた。

高岡早紀(43才)と、後を追った松坂桃李(27才)。2、3言葉を交わすと、笑顔に。阿吽の呼吸で別々のタクシーに乗り込み、周囲の目を気にしながら夜の街へと消えていった──。

まとめ

今度は16歳年下の男、松下桃李との熱愛ですか。よくやりますねただ今のところはお泊りとか交際宣言は出ておりません。でもこれも時間の問題でしょうかね。過去にも高岡早紀のような女優さんは少なからず存在してました。きっと伝説に残るような女優になるでしょう。

熟女元祖 五月みどりの大胆ヌード映画「五月みどりのかまきり夫人の告白」他

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする