スポンサーリンク

紫艶 哀れ 孤独死 薄幸の演歌歌手 桂文枝に捨てられ 最後はAV女優に!

本業の演歌歌手というよりも桂文枝の不倫相手『紫艶』で名が売れた、その『紫艶』が何と哀れな孤独死していた。まだ若い41歳だった。文枝に捨てられ 最後はAV女優にまで落ちてしまった。今回は薄幸の『紫艶』の生きざまを紹介します。


スポンサーリンク
スポンサー広告







紫艶(しえん)の略歴

本名:中江 ひろ子

生年:1978年1月17日

没年:2019年3月7日(41歳没)

ジャンル:歌手、女優

出身地:兵庫県尼崎市


紫艶の経歴

兵庫県尼崎市に生まれる、3歳ころより民謡を習う、普通この年ならピアノとかバレーを習いますが、民謡とは?おそらく家族に民謡好きがいたのでしょう。

幼いころから歌っていたので、自然と歌手を目指していたのでは。転機は「吉本演歌歌謡曲選手権」に出場、優勝したことです。お笑いの吉本興行主催の歌謡大会でした。

そして19歳で歌手デビューします。吉本興行初の演歌歌手誕生でした。そこで当時の看板落語家、桂三枝と出会います。三枝師匠と紫艶(中江 ひろ子)の出会いは紫艶の運命をすっかり変えました。三枝師匠と愛人関係になりました。演歌歌手には似合わないグラマーな身体の持ち主でした。三枝師匠も我を忘れて夢中になったのでしょう。紫艶18歳、三枝師匠52歳頃かと思います。


歌手としての評判

紫艶の声はどこまでも透き通るような美声で、聞いているとまるで心が晴れるような感覚になります。またネット上ではファンの間で、ものまねタレントとして活躍中のみかんさんや、タレントや女優、歌手としても活躍中の松嶋尚美さんに似ているとして、話題になっていました。


紫艶 フライデーに告白

“「何も知らない18歳のころから、師匠を尊敬し、信頼し、すべてを捧げてきました…」

16年に、6代目・桂文枝師匠との愛人関係を『FRIDAY』に告白した、演歌歌手の

紫艶さん、しかし意に反してパッシングの嵐。紫艶さんの売名行為ではないかという中傷です。文枝師匠は吉本興行の売れっ子落語家、特に「新婚さんいらっしゃい」は48年連続司会の世界記録をもつ司会者でもあります。かたや紫艶は本業の演歌歌手は全くの無名

皮肉にも『FRIDAY』に告白したことで有名にはなったが、芸能界引退まで追い込まれてしまった。しかし哀れな女性であります。34歳も年上の男に尽くして捨てられるとは!


紫艶 AV出演

一度は芸能界引退した、紫艶さんこの時まだ38歳、文枝師匠を虜にした、ナイスボディは健在であります。このボディを生かすために何とアダルトビデオに出演しました

2016年9月に「ケイ・エム・プロデュース」の専属女優としてAVデビューしました。またAVへの出演や芸能活動は、「紫艶」を変わらず使用していた。それにしても、

演歌歌手でデビューまでした紫艶がアダルトビデオに出演するとは!ついにここまで

落ちたか!


支艶 突然の孤独死

文枝さんに捨てられた直後、紫艶さんの精神状態はとてもひどく、ひどいうつ状態に

なったそうです。彼とは18歳のときから38歳まで20年間付き合い、“初めて好きになった人が文枝さんだった”って涙ながらに話したこともあっそうです。

アドルトビデオや芸能活動を行っていたけれど、精神状態はボロボロだったのでしょう。

多くの薬を飲用していたそうです。


紫艶 最後の様子

 

3月11日、支艶の母親から娘に連絡が取れないと、大家と所属プロダクションに電話がありました。まずマンションの大家さんが倒れていた紫艶を発見、すでに息絶えていました。

大家さんから亡くなっていたことを聞いた母親は、兵庫県から着の身着のままで上京。事務所スタッフと一緒に遺体に対面すると、その場に泣き崩れてしまったという。

死因は心不全だったそうです。

葬儀は3月15日に都内で肉親と事務所スタッフだけで、ひっそりと執り行われた。

あまりに切なく早すぎる“演歌歌手”紫艶の死。


まとめ:時事ネタ次郎

それにしても哀れな中江 ひろ子こと、紫艶さん。初老の男に処女(推定)をささげて

20年、あっさりと捨てられて、その後はAVまで落ちてしまった。最後は自分の命まで無くすとは!それにしても紫艶は無念残念でありますな。せめて桂文枝師匠はじめ関係者は墓参りでもして故人を偲んでくださいませ*

藤井聡太6段のような かっての中学生女流棋士 林葉直子の経歴 転落 不倫

坂口杏里 芸能界引退してAV壌 今度はストリップ出演か!

女優 小泉今日子 一か八か賭けにでた不倫宣言「キョンキョンらしい」

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする