スポンサーリンク

東海道新幹線殺傷事件の犯人・小島一朗の落ちこぼれ人生と殺された 梅田耕太郎さんのエリート人生 名前を比較する。

小島一朗の落ちこぼれ人生と殺された梅田耕太郎さんのエリート人生 名前を比較する。

9日夜に起きた、東海道新幹線車内での殺傷事件。2日が過ぎて容疑者や被害者の身元や経歴が判明した。

犯人:小島一朗(こじまいちろう)

出身:愛知県一宮市

住所:愛知県岡崎市蓑川町

年齢:22歳

スポンサーリンク
スポンサー広告







小島一郎の落ちこぼれ

犯人小島一朗の経歴を拝見して、これは典型的な落ちこぼれで他人と協調できない、自己中心の固まりのような人間だと感じました。

名前からも判断できます。

小 島  一  朗

3、 10、 1、 10、 何か変だと思いませんか?

3、と1の組あわせで名前が構成されています。こういう人は思考が極端になりがちです。おそらくは自分の頭で考えたことがすべて正しくて他を認めない性格かと思います。


以下経歴引用:

 小島一朗容疑者は愛知県一宮市で実の両親と暮らしていましたが、中学時代に不登校になって両親との関係が悪化しました。

そして、祖母と養子縁組をした。家を出た理由について、父親は「(入所は)自分の意思。家が嫌いだった」と話す。

中学卒業後は生活支援施設に入所、その後は定時制高校や職業訓練校を経て、19歳のころ埼玉県内に本社がある機械修理会社に入社した。愛媛県で勤務したが、しかし、人間関係のトラブルで20歳ごろに辞めたという。その後は職を転々としました

その後は、長野県内を野宿するホームレスのような生活を送っていたこともあり、事件を起こすまで別の会社に就職して働いていました。家出をしている間は、「祖母のキャッシュカードで現金を引き出し、生活費に充てていた」とのことです。

同容疑者が5年間入所していた施設代表の男性は、就職が決まり意気揚々と出ていった姿を覚えている。「頭がよく、こんなことをする子じゃい。就職後に何があったのか」とショックを受けた様子だった。 

女性をかばい亡くなったエリートの梅田耕太郎さん(38)すごく感じの良い温厚な人だった。

犯人の小島一朗と対照的な被害者の梅田耕太郎さん。女性をかばって小島一朗にナタで切られて亡くなりました。

その勇敢な行為に称賛の声が殺到しています。その梅田さん、勇敢なだけではなく経歴も超エリートでした。


以下記事拝見します。

梅田さん東大卒のエリート

負傷した女性をかばって犠牲になった梅田さんは、正義感が強い好青年で、職場などでも慕われる存在だった。

学生時代の知人らによると、梅田さんは横浜市出身。神奈川県内の進学校を経て東大工学部を2002年に卒業後、大学院に進学してプラズマや半導体などの電気工学分野を研究した。

 就職後は民間企業を経て2017年4月から外資系の化学メーカー「BASFジャパン」(東京)で勤務。現在は大阪オフィスを拠点として営業などを担当。兵庫県尼崎市に住んで月3、4回は関東へ出張に来ており、事件2日前の7日から横浜市内の施設で社内研修を受けていた。

学生時代を知る大学関係者の男性は「はつらつとした印象で研究熱心。友達付き合いもよかったようだ」と話す。

困った人のために何かできないかと考えるタイプだった」と話すのはASFジャパンの上司に当たる山本勇さん(48)。「世界に羽ばたいていけるように」と夢を語っていたといい「人当たりが良く前向きで優秀な人との印象を強く持った。無念の気持ちでいっぱい」と話した。

まとめ

管理人ネタ次郎より

亡くなった梅田剛太郎さん、経歴も申し分のない超エリート。東京大学院卒業とはすごいです。しかも性格も名前も素晴らしい、「困った人のために何かできないか」と考える人で

した。梅田さんの家族、奥様のコメントがまだありませんが、きっと突然の訃報で気が動転していて、何も話せないのでしょう。心からご冥福をお祈り申し上げます。

それにしても小島一朗容疑者はゆるせません!まともに中学も出てないようです。性格も最低!実の両親からも見捨てられるほど性格わるい。死にたかったら一人で死んでくれ!

大阪東住吉事件 小6放火レイプ殺人事件の犯人夫婦 無罪放免の異常判決!しかも 9190万円の補償金ゲット!!

目黒女児虐待死 ルール守れないと暴行待つ“地獄の日々” 死亡直前にも殴られ嘔吐繰り返す 

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする