スポンサーリンク

清水富美加 名前変えて女優復帰していた 千眼美子名で映画『さらば青春、されど青春』出演

個性的な演技と存在感で人気女優に上りつめたと思ったら、あっけなく引退した、清水富美加今度は千眼、千里眼からとった名前?、千眼美子で女優復帰していました。管理人ネタ次郎はうっかり見逃しておりました。5月12日に公開された映画に出演しておりました。以下その時の記事です。


千眼美子 本格女優復帰作

「美人役というのがいちばんツライ!(笑)」

女優の清水富美加が千眼美子として本格的女優復帰を果たす映画『さらば青春、されど青春』が、5月12日に全国公開された。

公開を目前にした5月8日、東京のヴィレッジヴァンガード渋谷本店にて、千眼美子によるスペシャルトークショーが開催された。

詰めかけたファン100人の前に、満面の笑みで手を振りながら登場した千眼は「こういったイベントは1年半ぶりでドキドキしていますが、最高の笑顔で楽しめたら」と語り掛け、「今は何でもやりたいので、ありがたいと日々思います。初挑戦がたくさん。

映画もお久しぶりな感じなので『ちゃんとしないと!』と緊張しています」と出家後の心境を吐露した。

劇中では、救世主としての使命に目覚める主人公・真一(大川宏洋)の恋人・額田美子役。「仕事もできて、みんなの憧れの大人の美人さんという、ザ・王道な役どころ。これまでは奇抜な役柄が多かったので『できるのかな?』と思った。

美人役というのがいちばんツライ!」と照れ笑いしながらも、「独立してジャーナリストになるという設定で、自分の言葉で伝える人になりたいという思いは自分と同じ」と共感を寄せた。

主題歌「眠れぬ夜を超えて」で歌手デビューも果たしたが「音がずれているし、テンポもとれていないくらい音痴だった」とぶっちゃけつつ、「ボイトレで鍛えてもらって真剣に取り組んだ。歌手を職業にしたいと思っていなかったけれど、野望が芽生えた。


スポンサーリンク
スポンサー広告







本格的歌手活動にも意欲的。

今後については「宗教家もそうですが、新しくチャレンジしたてプロになりたい。自分で感じたもの、言いたいことは誰かに言わされるのではなくて、自分の言葉で伝えられるようになりたい。

映画も10本くらい決まっているけれど、すべて自分次第。

自分から発信していきたい」と瞳を輝かせた。またファンに向けては、「直接お会いできなくても、SNSなどのコメントや意見はすべて見ていました。どんな意見でもうれしくて、く皆さんに直接自分の元気な姿を見せて、『ありがとう』という言葉を直接伝えたいと思っていました」とシミジミ。

続けて「不安や疑問に思っていることもあると思うけれど、そういうものをこういった場所でぶつけてほしいと思います。これからもこういった機会を作っていきたいし、『ありがとう

ございます』というひと言につきます。いい意味で倍返しをしていこうと思っているので、清水富美加からパワーアップして、これからも頑張っていきたいです」と高らかに宣言した。


以下映画の感想

意外と2時間があっという間だった。千眼美子ちゃんが可愛すぎる!昭和世代には懐かしい映画。大川によるせがれを起用したPV良かった点は富美加さんと野久保くんが観れたこと、あと主題歌が無駄に良い、以上、いいね!

東大に入学したはいいけれど、色々上手くいかなくって宗教を開く話。主人公が様々な挫折をして追いつめられていくうちに「霊言」というものが急に降ってきて、天上界の神々と会話できるようになって、宗教を開くか悩んでいくんだけど、勉強のできる田舎の人が東京に出てきて様々な挫折を経験して徐々におかしくなっていく様子を上手く描けていたと思う。

見終わって、ああ、この宗教を開いた人がこの映画の製作総指揮なんだ、という不思議なメタ・カタルシスがあったし、諸々挫折の理由づけにも納得がいくというか。理屈への納得じゃなくて感情への納得だけど。

女にフられた理由を相手側の(こちらからは知る由の無い)視点から描いてあの時の自分に対して自己肯定するとことか。気持ちはわかるけどなんか変な涙出そうになった。

ビートきよしが出てきて、一言だけセクハラ発言をしてその後一度も出てこないのは笑った。

千眼美子の演技が上手くて、良かった。「このビーフストロガノフ美味しい」みたいなスカタンな台詞をちゃんと上手に自然に言っていて、才能があるんだなあ。と思った。僕はちゃんと1800円払って観ました。


まとめ

管理人ネタ次郎より

清水富美加(千眼美子)はNHKの「朝ドラ」が印象的でした。3年前ですが「まれ」で主演の土屋太鳳同様清水富美加はこの後大ブレイクしました。

人気絶頂期に突然の出家引退で世間を仰天させました。こんどは電撃復帰。まずはおめでとうございます。千眼美子の芸名で映画『さらば青春、されど青春』ただいま上映中です。

なお主題歌も歌ってます。今後は歌手としても活動するそうです。

よく女優復帰を決心したものだと感心してたら、この映画のスポンサーは
「幸福の科学」でした。

芸能界でも宗教に入信しながら現役の俳優・女優さん沢山いらしゃいます。

有名なタレントでは久本雅美、山本リンダ斉藤由貴などがいます。

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする