スポンサーリンク

吉岡秀隆 名子役の現在とは 内田有紀との結婚は 42年ぶり「八つ墓村」出演

吉岡秀隆は子役でデビューして早くも44年もの俳優生活になる。山田洋次監督に抜擢されあの名作映画「男はつらいよ」シリーズに最終回まで出場して代表作になった。

同時に『北の国から』にレギュラー出演、ここで内田有紀と知り合い結婚。

最新のドラマでは42年ぶりに「八つ墓村」に出演します。

スポンサーリンク
スポンサー広告







吉岡秀隆のプロフィール

 本 名   :吉岡 秀隆

生年月日:1970年8月12日(49歳)

出生地   : 埼玉県蕨市

身 長   :172 cm

職 業   :俳優、ミュージシャン、ナレーター

ジャンル:          映画、テレビドラマ

配偶者   内田有紀(2002年 – 2005年)

吉岡秀隆の経歴

 

両親の希望で5歳時に「劇団若草」所属した。この老舗劇団は残念ながら2018年に事業を停止しました。かっての所属の俳優一例、生田智子、石橋蓮司、岩崎ひろみ、酒井和歌子、高橋一生、など多数所属してた。

劇団に所属してすぐに「大江戸捜査網」でテレビデビューした。おそらく子供時代から才能があったのでしょう。いくら子役といえ、すぐにテレビデビューとは現在では考えられないです。

1977年、野村芳太郎監督の『八つ墓村』で主人公・寺田辰弥の少年時代役を演じ、映画初出演した。

1981年、庶民派監督の代表である山田洋次監督に抜擢されて国民的名作映画『男はつらいよ』にレギュラー出演した。これで吉岡の人気も国民的になった。

次の名作は1981年から『北の国から』にレギュラー出演し、このドラマもヒットして

代表作になった。


吉岡秀隆と内田有紀の結婚

名作ドラマ『北の国から』は連続ドラマとして「金曜劇場」枠で1981年から1982年まで毎週放送された後、ドラマスペシャルとしてシリーズ化され放送された。

北海道富良野市を舞台に、北海道の雄大な自然の中で田中演じる主人公・黒板五郎と2人の子どもの成長を21年間にわたって描く。この子供の一人が吉岡秀隆。内田有紀は吉岡の恋人役で出演、その後本物の恋人になった。

2002年12月 内田有紀と結婚。倉本聰がプロデュース『北の国から』の舞台・富良野市での挙式が話題になった。

わずか3年で2005年 内田有紀と離婚。内田との間に子どもはいなかった。

離婚の原因は浮気が多いのですが、吉岡の女性問題はなかった。ふたりのすれ違いが

原因とか、結婚して同時に内田は家庭に収まったが、これが行けなかった様子。

これだけの美女をひとり家に置いておくのは酷でしょう。小泉進次郎ではないが恋人同士の熱い時に子育てに励んで、結婚と同時に出産が理想的であります。

もう済んだことですが、これだけの美女はそう簡単には嫁にできません。吉岡も惜しいことをしましたな。


 吉岡秀隆の『八つ墓村』

 

映画のデビューは1977年公開の『八つ墓村』でした。吉岡は7歳でした。5歳でデビューおから次々に依頼があるのですから、ホントに天才ですね。このときの金田一耕助役は

あの渥美清さんでした。本人が覚えているかわかりませんが。

今回は42年ぶりに出演します。こういう俳優さんは他にはいないでしょう。

さて歴代の金田一耕助はそうそうたる大俳優が演じております。吉岡さんが演じる意味とは?本人によると「誰も救えなかったことで苦悩する金田一が僕っぽい。運命にあらがえない人たちの悲しみに寄り添う金田一にしたい」と述べています。


まとめ:時事ネタ次郎

『北の国から』の純役、『男はつらいよ』の満男役で国民的俳優になった。日本中から子役から現在まで見守られた希少な存在の俳優さんです。その吉岡さん芸歴44年の49歳。

まだまだ若いです。今後の活躍はもちろんですが、内田有紀さんも現在独身とか。ここは二人とも昔のことは水に流し、もう一度よりを戻してはいかがでしょう!

ファンは応援しますよ。

遅咲きの名女優 高畑敦子は30歳すぎてブレイクした 波乱の人生を振り返る!

山口智子は90年代の「高視聴率の女王」だった 朝ドラで見せたフラメンコとは

大地真央の宝塚時代の伝説 60歳過ぎても変わらぬ美貌!旦那さん結婚は

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする