スポンサーリンク

ザギトワに秋田犬贈呈の用意 平昌五輪 また新潟市民も大歓迎

ザギトワ選手金メダルのご褒美は秋田犬希望か、合宿地の新潟市民も歓迎している。

平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得した「ロシアからの五輪選手(OAR)」のアリーナ・ザギトワ選手がご褒美に秋田犬を希望していると報じられたことを受け、秋田犬保存会の会長を務める日本維新の会の遠藤敬国対委員長は27日、自らのフェイスブックで、秋田犬を贈呈する用意があることを表明した。

遠藤氏は産経ニュースの報道を紹介する形で、「喜んで頂けるのなら私ども本家公益社団法人秋田犬保存会から贈犬をさせてもらいます」と書き込んだ。秋田犬保存会はロシアにも支部がある。

秋田犬保存会は、平成24年に秋田県の佐竹敬久知事がロシアのプーチン

大統領に秋田犬を贈った際に、雌の「ゆめ」を提供している。


スポンサーリンク
スポンサー広告







ロシアではちょつとした秋田犬ブームだという。

遠藤氏は28年2月22日の衆院予算委員会で、秋田県出身の菅義偉官房長官に「ゆめの婿として雄犬を贈ってはどうか」と提案。政府はロシア政府と交渉したが、2匹目の贈呈は実現しなかった。

ロシアのメディアによると、ザギトワ選手は五輪前に新潟市内で調整していた際に雑誌で秋田犬の写真を見つけ、気に入った。

「こんな忠実な友人がほしい」と母におねだりすると、「五輪でうまく滑れたらね」と約束されたという。

秋田県の佐竹敬久知事からロシアのプーチン大統領に贈られた秋田犬「ゆめ」(県提供)

(サンケイスポーツより)

フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワは、日本通としても知られています。日本発のキャラクター「リラックマ」のファン。発売元のサンエックス広報は「SNSにも『リラックマ』を載せていただいたこともありました。本当にうれしいですね」と弱冠15歳の女王の快挙を祝った。また、、羽生結弦からもらった「くまのプーさん」のぬいぐるみを大事にしているという。

新潟市民もザギトワメドベージェワの金、銀メダルに大喜び

アリーナ・ザギトワとエフゲニア・メドベージェワがそれぞれ金メダル、銀メダルに輝き、大会前に合宿を行った新潟市の関係者も歓喜に沸いた。

2人は1月28日から新潟市を合宿地に選び、新潟アサヒアレックスで調整していました。

同市が合宿地に選ばれたのは、新潟空港から韓国への直行便があるほか、

ロシアの3市と姉妹都市の提携をしている事と、さらに、ザギトワは日本料理のお寿司が好物で、メドベージェワは「美少女戦士セーラームーン」など日本のアニメが大好きと、2人の親日ぶりも影響したとみられる。新潟では歓迎パーティーを行うなど“おもてなし”に尽力。「メドベージェワ選手は“新潟が素晴らしい環境をつくってくれた”と話してくれた。

練習で使用したアイスアリーナの関係者も「少しでも力になれたならうれしいです。

これをきっかけにスケート場が盛り上がれば」と喜んだ。同アリーナは、氷上競技も発展させたいとの意向で市が14年2月に開場。篠田市長は「2人が日本で試合に出るときはぜひまた立ち寄ってもらいたい。ここで練習をすれば勝てるという伝説をつくりたい」と期待を膨らませた。

関連記事

カーリング女子日本のおやつタイムが「かわいすぎ」試合途中の映像に釘付けになる人続出

五輪連続金メダル 羽生結弦 連覇の要因、勝敗を分けた差は?安藤美姫が語る

千歳船橋でマッサージ整体治療院をお探しの皆様

https://mikijun.com/

スポンサーリンク
スポンサー広告







スポンサー広告







シェアする

フォローする